レーザー脱毛器と光脱毛器の痛みを比較

レーザー脱毛器は超痛い?フラッシュ脱毛器と比較!【違いを徹底検証】

レーザー脱毛器とフラッシュ脱毛器の違いは?

照射面積はどう?

レーザー脱毛器は直径10mm前後が多いです。その為、脚など面積の広い部分の脱毛はかなりの時間がかかります。その点、フラッシュ脱毛器は照射面積が広く中には3.5cm×2cmといったサイズのものもあります。一度に広範囲の脱毛を行えるのがメリットですね。短時間で脱毛できるので忙しい朝にも使えるのも嬉しいです。

 

コストはどう?

旧型レーザー脱毛器は充電式になっています。充電式なので重量が重く長時間使っていると腕が疲れてしまいます。また、充電の力が弱まるにつれてレーザー照射も弱くなります。一方のフラッシュ脱毛器はカートリッジ式。カートリッジのコストはかかりますが、1発1円未満の低コストなのでお財布にも優しいです。

 

性能はどう?

レーザー脱毛器だと全身に使えないタイプがほとんどです。VIOラインやヒゲの脱毛も不可とされていますが、フラッシュ脱毛は肌へのダメージが少ないので、デリケートゾーンへの利用も可能です。また、6点センサーなどの高機能が搭載されているので、指などの細かい部分でも完璧な脱毛が可能となっています。

 

音はどう?

レーザー脱毛器は音がうるさいといった報告があります。感じ方に個人差はあると思いますが、音の大きいタイプだとドライヤー並だとか?一方のフラッシュ脱毛器はほとんど音がしません。従来の家庭用脱毛器と比べるとかなり音が低いので、夜遅くに使っても周囲を気にする必要はないでしょう。

 

重量はどう?

レーザー脱毛器は充電式の物が多いので、機械の中に電池を入れる必要があります。その為、重量が重くなります。3分位使うと手が疲れるタイプも。一方のフラッシュ脱毛は軽量式の作りとなっていて、長時間使っても腕が疲れる事はありません。一般的な重さは携帯電話くらいとされています。

レーザー脱毛器ランキング第一位は?(独自調査)

レーザー脱毛器は超痛い?フラッシュ脱毛器と比較!【違いを徹底検証】関連ページ

ランニングコストを比較すると?
【コスパで選ぶなら?】レーザー脱毛器の値段は様々ですが、本体価格と同じくらい重要なのがランニングコスト。いくら本体価格が安くても、消耗品であるカートリッジや充電電池が高ければランニングコストも高くなってしまうので要注意!こちらでは、ランニングコストの比較方法についてご紹介しています。
医療用レーザーと比較すると?
【永久脱毛できるのは?】家庭用レーザー脱毛器と比較すると、脱毛効果がはるかに高い医療用レーザー脱毛器。永久脱毛できる程の優れ物ですが、最近では家庭用脱毛器でも高性能な機器が登場し、話題を集めています。こちらでは、家庭用と医療用レーザー脱毛器の違いについて詳しくご紹介しています。
脱毛サロンと比較すると?
今まで家庭用レーザー脱毛器は脱毛エステに劣るところがありましたが、今ではエステ並みの脱毛効果が得られるものが続々登場しています!ですが、それぞれにメリット・デメリットがあるのでご注意を。こちらでは、脱毛サロンと家庭用レーザー脱毛器の違いについて詳しくご紹介しています。