レーザー脱毛器

レーザー脱毛器の欠点は?ランニングコストを比較!【費用を最終確認】

レーザー脱毛器を【ランニングコスト】で比較すると?

ずっと使うものだからこそ、じっくり検討したいのがランニングコスト。

 

本体価格も重要ですが、ランニングコストの比較を行わずに脱毛器を購入してしまうと、あとで損をする事もあるので気を付けたいところです。

 

例えば、1台2万円のA製品と、1台3万円のB製品があったとします。本体価格ではAの方が安いですよね。

 

次にカートリッジ。Aが5000円でBが4000円。両方5000発照射できたとします。すると、Aは1発1円で、Bが1発0.8円になります。つまり、ランニングコストはBの方が良いわけです。

 

たった0.2円の差と思うかもしれませんが、長く使えば使う程その差は大きくなります。脱毛器を購入する時は、このようにランニングコストの計算と比較を行うようにしましょう。

 

業界最安値!1発0.15円の脱毛器とは?

ランニングコスト業界NO.1の脱毛器といえばケノン。ケノンは1発あたり0.15円の業界最安値です。

 

本体価格が73,800円と他に比べて若干高いのがネックですが、使い続ける事で最も安く済ませる事が出来ます。

 

本体価格だけでいえばケノンより安い脱毛器はたくさんありますが、ランニングコストを含めればケノンが最安値になりますね。しかも、メインの脱毛効果も他の脱毛器より良いので、総合的に見てもかなりお得と言えます。

 

充電式脱毛器のコスパ比較はどうしたらいい?

カートリッジ式ではなく充電式の脱毛器の場合は、充電電池の買い替え値段を比較するようにしましょう。

 

充電電池は充電する事で再度使えるアイテムではありますが、繰り返し使用することで充電時間が短くなります。最終的には充電しても使えなくなるので買い替える必要がでてきます。

 

高いものだと1個2万円以上もするので、充電タイプの脱毛器は事前に値段の確認をしておきましょう。

レーザー脱毛器口コミランキングはこちら

レーザー脱毛器の欠点は?ランニングコストを比較!【費用を最終確認】関連ページ

フラッシュ脱毛と比較すると?
【メリット・デメリットは?】レーザー脱毛器の購入を考えた時、気になるのがフラッシュ脱毛器との違い。価格や性能、照射時の痛みなどはそれぞれ違うので、購入前にメリット・デメリットを知っておかないと損してしまうことに!こちらでは、レーザー脱毛器とフラッシュ脱毛器の違いについて詳しくご紹介しています。
医療用レーザーと比較すると?
【永久脱毛できるのは?】家庭用レーザー脱毛器と比較すると、脱毛効果がはるかに高い医療用レーザー脱毛器。永久脱毛できる程の優れ物ですが、最近では家庭用脱毛器でも高性能な機器が登場し、話題を集めています。こちらでは、家庭用と医療用レーザー脱毛器の違いについて詳しくご紹介しています。
脱毛サロンと比較すると?
今まで家庭用レーザー脱毛器は脱毛エステに劣るところがありましたが、今ではエステ並みの脱毛効果が得られるものが続々登場しています!ですが、それぞれにメリット・デメリットがあるのでご注意を。こちらでは、脱毛サロンと家庭用レーザー脱毛器の違いについて詳しくご紹介しています。